2021年10月28日(木)29日(金)の2日間オンラインにより開催しました。

 

国・公立大学職員9名、私立大学職員22名、短期大学、高等専門学校職員5名、専門学校職員等2名 合計38名の参加をいただき、Zoomによる講義および、チャットによる講師との質疑応答の他、全ての講義でグループワークを実施。

講義1では事前にアンケートに回答いただき「討議したいテーマ案」を決めて「Z世代を念頭に大学と学生、学生間オンラインコミュニケーション・コラボレーションをどのように改善してゆけば良いか?」について討議。

講義2では“クレーマー”“対応者”“観察者”の役割に分けロールプレイを実施。

講義3では「ご自身の大学(職場)でコロナ禍において(学生がキャンパスに来れない

という状況のなかで)学生対応に困難を感じた事例について」をテーマに各講義とも参加型の講義を実施し、アンケート結果において好評を得ることができました。